郵送で東京スター銀行から借りるまでの3段階の流れ

郵送で東京スター銀行から借りるまでの3段階の流れ

郵送で東京スター銀行から借りるまでの3段階の流れ

郵送を用いて東京スター銀行のスターカードローンで借りる事ができるまでの流れは、全部で3段階です。郵送になりますので、若干の日数を必要とします。

 

まず第1段階ですが、この銀行に対する申し込みの手続きです。

 

インターネットのフォームもしくは電話を用いて、銀行に対して借りたい旨を連絡する事になるのです。

 

すると東京スター銀行から、1段階目の審査の結果が伝えられる事になります。

 

郵送で伝えられる事になりますので、結果が伝えられるまでには若干の時間がかかります。

 

2段階目ですが、銀行に対して契約書面を提出する事になります。

 

その際に身分証明書なども添付して、銀行に送ることになる訳ですね。

 

銀行がその書面を受け取ったら、今度はお勤め先に対して電話が行く事になります。

 

その電話で何か不審な点などがなければ、借りる事ができるようになります。

 

3段階は、銀行から申込者に対する書面の郵送になります。

 

上記の契約内容を記載した書面が郵送される事になりますし、銀行から借りる為のカード媒体も一緒に郵送されます。

 

そのカードを本人が受け取ったら、この銀行から借りる事になるという流れです。

 

ネット媒体を用いない方法になりますので、若干の時間はかかりますね。

 

速やかに借りたいと考えているのであれば、郵送よりはネット媒体の方が良いと考えられます。

 

東京スター銀行で申し込んだ時のカードはいつ届くか

 

最近東京スター銀行のスターカードローンに申し込みをした方が、インターネットで質問をしていました。

 

カードがいつ届くかという質問ですね。

 

上記の商品で申し込みをしますと、最終的には申込者に対してカードが郵送される事になります。

 

そして上記の方は、そのカードが郵送される日が気になっていたのだそうです。

 

申込みをしてから何日程度で、カードが郵送されるのですかという質問を投稿していたのですね。

 

正直それは、やはり郵便事情に左右されるでしょう。

 

東京スター銀行のオフィスからその方の自宅まである程度距離が離れていれば、その分多くの日数を要すると思います。

 

郵便というのは、距離に比例するものだからです。

 

一般的には、やはり数日程度と考えて良いでしょう。

 

日本の郵便事情では、大体数日もあれば送り主から受け取り主までに届くことが多いからです。

 

しかしもしも上記の方がスター銀行のオフィスからかなり遠い場所に住んでいるのであれば、1週間程度かかる可能性もありますね。

 

ただこの銀行の場合は、口座を持っていればとても速やかに融資をしてくれます。

 

同時申し込みをしていれば、即日で借りる事もできるからです。

 

ですので急ぎで融資を受けたいと考えているならば、同時申し込みをする方が良いですね。

 

東京スター銀行カードローンの在籍確認は勤務先連絡ある? オペレーターに相談すると電話なしでキャッシングできるか

 

カードローンを利用する場合には、必ず在籍確認が行われます。提出した書類に偽りはないか、本当に記載されている勤務先に勤めているのかを確認することで安全に返済してもらえるかを予測します。職場に電話がかかってくると会社にバレてしまうのではないかと不安になりますが、最近では色々な工夫がしてあってバレないように配慮してくれています。ほとんどの場合は電話を避けることはできませんが、バレないようなやりとりだと思って差し支えありません。

 

東京スター銀行カードローンの場合も在籍確認の電話が入ります。ただし、電話がかかってきてもカードローンをしていることがバレてしまうようなことはなく、個人名でかけてきてくれるのでプライベートなやり取りだと思われるはずです。職場への電話は、申し込んでから一週間以内にかかってくることが多いようなので、その頃は少し注意をしておくと良いかもしれません。仮審査中に電話がかかってきて、問題がなければ審査に通過することができます。

 

個人名でかけてきてくれるのですから誰にも知られる心配はありませんが、他の人が電話に出て自分が席を外していたり外出している場合にはどうなるのだろうと考えますが、その場合は会社に在籍していることを確認できれば良いので電話に出た人にそう伝えてもらうだけでOKです。他の人が出たからといって、その人に電話の内容を口外するようなことはありません。ですから、おしゃべりな人に電話を取られてカードローンをしていることを言いふらされるというようなリスクもありません。

 

銀行なのですから名乗っても良さそうに思えますが、やはりカードローンということでかなり気を使ってくれているといえます。万が一個人名で電話がかかってきたが、誰からかなどと聞かれたら、クレジットカードを作ったのでその在籍確認だとでも言っておけば詮索されることもありません。クレジットカードの場合も在籍確認がありますので、怪しまれずにやり過ごすことができます。

 

本人が出なくても在籍が確認できれば良いのですからスムーズに終わりそうですが、大手企業に勤めている場合には電話がうまくつながらないこともありますので注意が必要です。また、派遣社員の人もつながる電話番号を教えておかないと、なかなか連絡がつかないということで審査に落とされてしまう可能性があります。

 

在籍確認は嫌だからとオペレターに相談してみても、やはり東京スター銀行カードローンでは電話による在籍確認が必須となっています。

 

勤務先を確認することで安定した収入があるということを確認できますので、慎重に行われているようです。銀行系はこの辺りの部分が厳しくなっているようですが、その分安全にカードローンを利用することができますし、遅延損害金もかなり率が低くなっています。また、最短で即日融資を受けることも可能ですし、年収証明書は限度額300万円までは不要となっています。

 

東京スター銀行の審査基準 確実に審査に通るために気を付けること

 

東京スター銀行カードローンの審査基準ですが、銀行系のカードローンになりますので基準のハードルは多少高いと言えるでしょう。

 

また一般的に審査の時間もかかるとも言われていまして、消費者金融のように気軽に申し込むのは難しいかもしれませんが審査を通過するためにはいくつかの部分をクリアしていれば問題ありません。

 

まず東京スター銀行カードローンで審査の前の基準としてあるのが年齢制限と安定した収入があるかどうかです。
利用するためには年齢が20歳から64歳である必要があり、この数字はその他の銀行カードローンと比較しても平均的なものになります。
消費者金融と比較した場合に年齢の上限が少し低く設定されていますので厳しく感じると思いますが、それほど厳しいと言えるものではありません。

 

安定した収入があるかどうかは、どこの融資を受けるにしても一番重要な部分になります。
仮に利用しようとしている方が働いていない専業主婦であったとしても配偶者に定期的な収入があれば問題はありません。

 

本人に収入があれば大丈夫ですのでパートやアルバイトでも申し込む事は可能ですが、安定した収入という観点から一般的な会社員の方よりか審査が厳しくなります。

 

それ以外に審査基準としてあるのが今現在の借入件数と借入総額になります。

 

最低でも審査に通るためには借入件数が4件以内に収めている必要があり、この4件の事例の場合でもおまとめローンでの利用でしたので一般の銀行カードローンの場合は2件程に収めておかないと厳しいです。

 

借入件数が例え1件だったとしても借入総額が高ければ審査を通る事ができないのですが、東京スター銀行は総量規制の対象外となっており借入できる可能性はあります。

 

意外と審査は厳しくなっていまして、おまとめローンの方が利用しやすいという声がありますが上限金利が0.2%高いので注意が必要です。

 

また審査が通ったとしても元々東京スター銀行の口座を持っていなければ口座を開設しなければなりませんので、それなりの日数がかかります。

 

このように東京スター銀行は他社と比較した場合に審査が少し厳しく設定されており、しかも他社の借入がある場合はさらに厳しいと言われています。

 

実際に審査に通らなかった方も多く、おまとめローンであればと通ったという方もいますので金利の高いサービスの方が審査が緩くなっている傾向にあります。

 

ですから東京スター銀行カードローンの利用を考えている方はブラックリストに載っておらず他社での借入がない方、パートやアルバイトではなく正社員として働いている方などがおすすめとなります。

 

おまとめローンの方が通常のカードローンよりも金利が高く設定されているという珍しい銀行になりますので、どれを利用するかによって審査の厳しさが違っています。

 

おまとめローンでも審査時間が長いと口コミで多く言われていますので、その点を注意して利用するようにしたら良いでしょう。

 

東京スター銀行は学生でも借りれる? キャッシング不安だから大手で借りたい

 

キャッシングをしたことのない人から見れば、お金を借りるということは何となく怖いイメージがあるものです。あまり知られていないような小さなところで借りるのにはかなり抵抗がありますが、みんなが知っているような大手なら安心できるという人も多いようです。

 

東京スター銀行でもカードローンをやっていて、知名度は抜群です。どうせ借りるのなら、このように安心できるところと契約を結びたいところですが、カードローンには審査がありますので、まずは審査条件を確認しなければなりません。

 

どこを利用する場合でも言えることですが、カードローンの契約を結ぶには安定した収入が必要です。そのため、借入をする時には源泉徴収票などの収入を証明する書類が必要となります。学生が借りる場合にも収入に関する要件は同じであり、全く収入がない人は融資を通過することができません。

 

中には学生に対しての融資には厳しくなっているところもあり、アルバイトをしていてもなかなか安定した収入とは見てもらえないこともあります。しかし、全ての金融会社がそうだというわけではなく、例外もあります。例えば、東京スター銀行カードローンは一緒に住んでいる父親や母親に安定した所得があれば審査に通過できる可能性が高くなります。家族の返済能力を重視しているわけですが、同居家族がいる場合にはかなり利用できます。

 

借入をする場合、多くは総量規制に則った契約となりますので、年収の3分の1を超える額を借りることはできません。しかし、東京スター銀行カードローンなら総量規制が適用されませんので、もう少しまとまった額を借入したいという時にも便利です。

 

ただし、学生は返済能力もそれほど高くはありませんので、無理なく返済できる範囲で借入をすることも忘れてはいけません。最近ではカードローンを利用すること自体は決して珍しいことではなくなってきていますので、気軽にキャッシングをしてしまう人も増えています。しかし、返済が滞れば自己情報として信用情報に記録が残ってしまいますので、完済までの道のりを考えて利用することが大切です。

 

学生でも利用できる東京スター銀行カードローンは、主婦がキャッシングをする際にもよく利用されています。パートやアルバイトによる安定した収入があれば利用することができますし、配偶者の収入によって貸付が行われることもあります。

 

学生の場合にはアルバイトなどで安定した収入があって20歳以上なら利用することができます。いくら収入があっても年齢要件は満たさなければなりませんので、学生の場合には年齢を必ずチェックしなければなりません。審査に通過するには勤続年数も大事だといわれていますが、それほど長く勤めていなくても審査に受かることが多いようです。

 

借りやすいと評判の東京スター銀行カードローンですが、金利が低めなのも大きなポイントですし、来店不要で手続きが進められるのもメリットです。

 

 

東京スター銀行の審査 否決か通るかの決め手は 書類不備がないようにしたい

 

銀行系のカードローンは審査が厳しいといわれていますが、東京スター銀行カードローンの場合はそこまで厳しくはありません。しかも、おまとめ専用ローンとなっていますので、他からの借り入れがあることを前提に審査を行ってくれますので、既に借り入れをしていて審査に通るか不安という方には最適のサービスとなっています。他のカードローンを利用する場合には、他社からの借り入れをしていることが大きなマイナスになって審査に通らない可能性が高くなります。

 

東京スター銀行カードローンの申し込み時の条件を見てみると、他よりも多いように感じてしまいます。ですから、審査が厳しいのではないかと錯覚してしまいますが、一つ一つの条件は決して厳しいものではありません。条件は6つあって、融資を受ける時の年齢が20歳以上60歳未満であること、前年度の税込み年収が200万円以上であること、給与所得者で正社員や契約社員、派遣社員であること、過去に債務整理や自己破産をしていないこと、現在利用中のローンで延滞していないこと、過去半年に東京スター銀行のローンの審査に否決されていないことをクリアしておく必要があります。

 

このうち、他社と比較して東京スター銀行カードローン特有のものとしては、年収200万円以上であることと正社員や契約社員であることという点だけですので、他のカードローンを利用できている人なら大抵はクリアできます。他の条件はどこで受けても同じであり、年齢制限をクリアできていなかったり信用情報に問題があれば審査に通過できなくなります。

 

これだけの条件があるとかなり細かいと感じてしまいますが、事前にきちんと提示してくれるのは良心的だともいえます。クリアしているかしていないかを事前にきちんと把握することができますので、手間だけをかけて結局は審査に通らなかったということもなくなります。

 

申し込み時に必要な書類は、申し込み方法によって異なります。WEB申し込みの場合には本人確認書類と収入証明書だけで良いのですが、郵送申し込みになると本人確認書類と収入証明書に加えて公共料金請求書も必要になります。

 

郵送になると提出しなければならない書類が増えますので、WEBでの申し込みがオススメです。本人確認書類として用意しなければならないのは、運転免許証・パスポート・住民基本台帳のいずれかのコピーです。収入証明書は前年度の年収が分かる書類のコピーとなりますので、源泉徴収票・確定申告書・住民税決定通知書・課税証明書のいずれかを用います。

 

公共料金の請求書は電気・ガス・水道・携帯電話などです。それぞれの中から自分で提出しやすい書類を選んで提出すれば問題ありません。

 

不備があると手続きが遅れてしまうので覚えておかなければなりませんが、本人確認書類は名前や生年月日が住所がはっきりと分かるようにコピーする必要があります。収入証明書は、前年度に中途入社した場合は直近三ヶ月を提出します。

 

 

東京スター銀行でお金の借り換えは可能? ほかの金融でも借りてるけどキャッシングできる?

 

他の金融会社で既にキャッシングを行っていて、東京スター銀行カードローンで借り換えを行うというのは可能です。元々おまとめローンのサービスとなっているタイプですので、他社からの借り入ればある場合を想定して様々な条件が決められています。

 

おまとめローンの中では人気No.1と言われるほどの充実したサービスになっていて、知名度も抜群です。おまとめローンとは、複数ある借り入れを低い金利で一つにまとめるサービスであり、多くのメリットがあります。ただし、よく調べてから契約しないと、思ったよりも金利が高かった、返済の負担が大きいなどということにもなりかねませんので、詳細まで調べてから契約することが大切です。

 

東京スター銀行はおまとめローンを専用に扱う銀行として名高く、おまとめローンの草分け的存在でもあります。他の金融会社で借りている時には、もう他のローンサービスを利用することができないと考えがちですが、東京スター銀行カードローンの場合には借り換えローンを利用したい人に最適のサービスです。

 

おまとめをする際にに気になるのが総量規制ですが、東京スター銀行は銀行ですので総量規制の対象とはなりません。ですから、年収の3分の1までという規制もありませんので、既に年収の3分の1まで借りている人でも借り換えをすることが可能です。総量規制にかからなければ、おまとめ後の追加の借り入れもしやすくなります。

 

借り入れをする際に確認しておきたいこととして、まず最初に他社からの借り入れ件数に関してですが、やはりいくらでも良いというわけではありません。明確な基準は示されてはいませんが、4件までなら可能だと覚えておかなければなりません。5社以上から借り入れをしている場合には審査に通らなくなる可能性が高いので、一番小額の借り入れを清算できないかを確認します。1件減らして4件になれば可能性は出てきます。小額のものがいくつもある場合には、できるだけ件数を減らして臨んだ方が審査には通過しやすくなります。

 

現在契約している件数だけでなく、直近の半年間で何件の申し込みがあったのかもとても重要です。この申し込みには新規での申し込みだけでなく、増額も含まれています。申し込んで審査に落ちたとしても審査を受けたという事実は信用情報機関に残っていますので、調べればすぐに分かってしまいます。申し込み件数が多ければ多いほど審査の通過は厳しくなると覚悟しなければなりません。
また、収入に関する要件もあって、年収200万円以上が必要です。年収というと手取りの額を計算してしまう人がいますが、ここでいう年収とは総支給額のことです。税込みで、給与だけでなくボーナスも含めた額になります。

 

条件が確認できたら、しっかりと書類を用意してスムーズに手続きを進められるように準備をしなければなりません。本人確認書類や収入証明は、借り入れをすることが決まったら早めにそろえておくことをオススメします。